コレステロール 下げる

コレステロール 下げる  D

コレステロール 下げる

コレステロール 下げる  D

 

どうしてコレステロールは体に悪いの!?

 

コレステロールは生命維持に欠かせない役割を果たしていますが、悪者とされています。
コレステロールは過剰になると血管や血流への悪影響もあるのです。
血液をドロドロにするコレステロール

 

コレステロールは中性脂肪と同様に脂質なので、水に溶けません。
しかし、水に溶けないコレステロールが、血液中に存在しています。なぜなのでしょう?

 

それは、コレステロールは「リポタンパク」という水に溶けやすい物質に姿を変えているからなのです。
コレステロールは水溶性になって血液に溶け、体のすみずみまで運ばれるようになっているのです。

 

コレステロールは中性脂肪とともに血液をドロドロの状態にしてしまいます。
「血液サラサラ」という言葉をよく耳にしまうが、コレステロールが多く溶けた血液は、サラサラと流れる健康な血液とは逆で、余分な脂質が溶けて流れの悪いドロドロの状態です。
コレステロールは血管を狭くしてしまうので、血管を詰まらせる原因にもなります。
コレステロールが悪者とされているのは、過剰摂取によってドロドロ血液となり血管を詰まらせる原因になるためなのです。

 

善玉・悪玉コレステロールとは?
コレステロール

 

善玉と悪玉コレステロールコレステロールには、善玉コレステロール(HDLコレステロール)と悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の2種類があり、これらは全く異なる働きをしています。

 

一般的に、「悪玉コレステロールが体に悪い」というイメージがありますが、悪玉コレステロールも生命維持に必要な働きをしているのです。